砂漠、蜃気楼

アスワンからアブシンベルまではほとんど砂漠の中を3時間ほど車で走る。この間、トイレ休憩はない。はじめは車にトイレがないと告げられたが、実際は小のみ可能なトイレがバスについていた。何人か利用していた。

一面、黄色い砂、砂、砂である。

蜃気楼が見える。遠くの小山の手前に湖が見える。そこには遠くの小山の影も映っていて本物の湖のように見える。逃げ水と呼ばれる現象、近付くと消えてしまう。

制限速度は表示されているが、速度はかなり出ていた。何しろ警察の車が先導して走行しているのであるから、車内からの写真撮影も揺れて大変である。砂嵐などで砂が舞うため、道路標識は砂漠の中は当然のこと、カイロ市内でも汚れていた。上の標識の真ん中の列がアラビア語の数字である。

所々の小山は他より風化が進みにくい成分で、鉄系統の成分もあるようなことをガイドは言っていた。しかし、持ち帰ったアスワンハイダム近くの砂漠の砂は、色を見ても分かるように磁石に反応するものはなかった。

一人、ペットボトル1本程度は持ち帰ってよいとガイドは言う。

エジプトの砂

片瀬海岸の砂、砂鉄が含まれている。

ナセル湖から引いた運河と開拓地帯、砂漠の規模からすれば小さなものであろう。これが実際の水の色である。正常であれば蜃気楼の湖を本物の湖とは思わないのではないだろうか。

戻る

戻る